HOME > 税務顧問報酬(法人税基準)

税務顧問報酬(法人税基準)

以前まで税理士の報酬は「旧税理士報酬最高限度額規定」というもので規定されていましたが、税理士法改正(平成14年4月1日施行)で廃止され税理士法人、税理士は報酬金額を自由に決められるようになりました。
税理士報酬の相場は、一般的に、法人の場合で3万〜5万円(毎月)/20万円(決算時)、個人の場合で2万円(毎月)/10万円(決算時)のようです。(条件等によって変わる場合もあるので、あくまでも目安程度に)
税理士に依頼する時は、前もってお願いしたい内容の詳細等を相談し、料金(報酬)の見積もりを確認しておきましょう。

参考までに、旧税理士報酬最高限度額規定は以下のようでした。

算定基準 税目
総所得金額 年取引金額 法人税 住民税
事業税
消費税 その他
(1税目につき)
200万円未満 2000万円未満 30,000 3,000 15,000 9,000
300万円未満 3000万円未満 35,000 3,500 17,500 10,500
500万円未満 5000万円未満 50,000 5,000 25,000 15,000
1000万円未満 1億円未満 70,000 7,000 35,000 21,000
3000万円未満 3億円未満 85,000 8,500 42,500 25,500
5000万円未満 5億円未満 100,000 10,000 50,000 30,000
1億円未満 10億円未満 130,000 13,000 65,000 39,000
3億円未満 30億円未満 160,000 16,000 80,000 48,000
5億円未満 50億円未満 190,000 19,000 95,000 57,000
5億円以上 50億円以上 220,000 22,000 110,000 66,000
2億円増すごとに 20億円増すごとに +30,000 +3,000 +15,000 +9,000

税のことなら税務のプロ「税理士」に相談することをオススメします。

無料で税理士を紹介してくれるサイト「税理士紹介コンシェルジュ」

相続税の手続き・申告について相談したい場合はこちらがおすすめ!

対応エリアから相続税について相談できる税理士を探せます

対応エリアから税理士を検索!相続税申告ナビ