HOME > 税理士の存在

税理士の存在

租税(いわゆる税金)は、「国民は、法律の定めるところにより、納税の義務を負う」と日本国憲法第30条で定められており、国民が公共のサービスを利用するためのお金としてそのほとんどが使われています。

もしこの税金がなかったら、警察や消防の機能が麻痺してしまい、大変な世の中になってしまいます。
ですから、税金を納めることはとても大切なことなので、国民の義務になっているのです。

しかし、現実問題としてこの不況下では、税金は重荷のひとつになっているのが現状です。
ですから、少しでも税金を安く払いたいと思うのは当然ですが、不当に納めないとなると脱税になってしまいます。
そこで頼りになるのが『税理士』なのです。
税理士は税務に関するプロフェッショナルです。
税金のことはもちろん、正しい節税方法もアドバイスしてもらえます。
税理士と付き合うことで、税についての理解度も向上しますし、企業であれば顧問税理士として経営改善のよきアドバイザーになりうる可能性もあります。
税理士という存在は、私たちと税金の架け橋的な存在になっているのです。

税のことなら税務のプロ「税理士」に相談することをオススメします。

無料で税理士を紹介してくれるサイト「税理士紹介コンシェルジュ」

相続税の手続き・申告について相談したい場合はこちらがおすすめ!

対応エリアから相続税について相談できる税理士を探せます

対応エリアから税理士を検索!相続税申告ナビ