HOME > 税理士の仕事

税理士の仕事

税理士は、税理士法で定められている業務−独占業務(下記参照)を行います。
税理士の資格を持たない人が行うと、報酬を受け取らなくても罰せられます。
また、独占業務以外にも、会計業務・コンサルティング業務を行う事もあります。さらに行政書士の資格を持っている税理士は、社会保険労務士業務を行う事もあります。

税理士の独占業務

税務代理

税務署などに対する、税金の申告・申請・請求・不服申立てを代理代行。
税務調査への立会いも行います。

税務書類の作成

税務署などに提出する申告書や申請書等の書類を作成。

税務相談

税金について全般(申告・主張・陳述・申告書の作成に関しての疑問点等)の相談にのる。

税理士の付随業務

会計業務

会計帳簿の記帳代行、決算書等の作成。

コンサルティング業務

経営に関するアドバイス(事業計画・経営計画策定・資金・経費・新規顧客開拓・収益性の向上等)。

社会保険労務士業務

労働基準監督署・公共職業安定所・社会保険事務所に提出する申請書・届出書・報告書・審査請求書等の書類を作成し、提出に関する手続を代行。
給与体系・給与計算・社会保険・採用・助成金等の導入・活用方法をアドバイスする。

税のことなら税務のプロ「税理士」に相談することをオススメします。

無料で税理士を紹介してくれるサイト「税理士紹介コンシェルジュ」

相続税の手続き・申告について相談したい場合はこちらがおすすめ!

対応エリアから相続税について相談できる税理士を探せます

対応エリアから税理士を検索!相続税申告ナビ